交通事故の自賠責保険

  • 自賠責保険でもらえる金額が分からない
  • 保険の手続きの仕方が分からない
  • 加害者や同乗者だけど、保険の請求はできるの?
  • 慰謝料は、整形外科と接骨院では違うの?
  • 治療の為に仕事を休んだしタクシーを使ったけれど、補償が出るって本当?

そもそも、自賠責保険とは?

説明そもそも自賠責保険とは、車を人が所持する際に必ず入っている強制的な保険です。
これは必ず加入することを義務づけられていますので、どんな方でも加入している対人賠償のみ(同乗者含む)の保険です。
他にも、任意で入れる自動車保険もあり、任意保険は自賠責保険と違って多種多様な保証があったり、事故をした相手方への補償だけでなく自分への補償もあります。

車に頻繁に乗られる方はご存知だと思います。

自賠責保険での補償の対象となるもの

スケジュール自賠責保険で補償となるのは、交通事故治療における診断、検査、レントゲン、MRI、リハビリ、マッサージなどの治療費用に加えて、それに伴う交通費・書類作成の雑費など(慰謝料)、また仕事を休んだ際の休業補償もあります。

慰謝料は通院につき1日4,200円支払われ、また、通院にかかる交通費(電車、バス、タクシー代、ガソリン代など)+書類作成における雑費等も支払われます。(領収書が必要になります)

さらに、仕事を休んだ場合は加えて休業補償として基本5,700円支払われます。
パートやアルバイト(勤務1年以上)にも休業補償が支払われます。

収入によってこれ以上支払われる場合もございますが、基本的な交通事故治療における支払限度額は120万円となっています。
(支払い優先順位があり、①治療費 ②通院に係る慰謝料(一回当たり4200円)③休業補償 ④通院交通費 の順に支払われます。)

任意保険の加入や後遺症の等級によっては、支払金額が変わってきます。

自賠責保険の補償を受け取るために必要なこと

受付交通事故の怪我の治療に自賠責保険を適用するためには、事故が起きたことを証明する「事故証明書」が必要になります。
これは、事故が起きて警察を呼んだ際に発行されるものです。
また、「事故証明書」に加えて、整形外科での「診断書」が必要になります。
貴方の怪我の度合いによって、事故治療がどれくらい必要かどうかの目安となります。
保険会社にどこで交通事故治療を受けるかどうかの連絡を行い、交通事故治療が始まります。

基本的に整形外科では、定期的な診察をしながら患者様の怪我の経過観察を行ったり、治療を行っていきます。
その他の専門機関に通院する場合は、保険会社への報告が必要となります。

あいごり整形外科での自賠責保険の対応

交通事故専門スタッフが在籍

専門スタッフが在籍あいごり整形外科では、交通事故治療の患者様の治療、相談経験豊富な専門スタッフが在籍しております。
治療について分からないこと、保険について分からないこと、不安なことなど、すべてを解消できるよう努めております。

是非、一度あいごり整形外科までご相談下さい。