整形外科と接骨院の違い

  • 事故の治療はどこで治すのか分からない
  • 接骨院でも整形外科でも交通事故治療ができると聞いた
  • 病院で接骨院に通ってはダメと言われた
  • それぞれの院で出来ることが知りたい
  • どちらにも通う併院がしたい

交通事故後はまず、どこに行くべきなの?

写真突然の出来事で精神的にショックを受けている方も多く、最初に何をすればいいのか分からないまま自分の怪我や痛みの事が後回しになってしまう方がおられます。

実は、事故の怪我で骨折をしていたり、首の痛みが多いむち打ち症、患部の打撲や捻挫、頭を強く打つことによる深刻な脳の損傷がある場合など、自分の体に大きな異常が起きているかもしれません。

最近は、治療は接骨院でといった例も増えてきましたが、整形外科でできること、接骨院でできることを最初に把握しておきましょう。
痛みがある方もそうでない方も一刻も早く、整形外科で医師による診察、検査(レントゲン撮影、MRI検査)を受けて体に異常がないか調べることが大切です。
(MRI検査は頭を強く打ったような方や不安な方は必ず受けましょう。)

また、整形外科での診断書がなければ、接骨院で自賠責保険を適用することができません。
事故後の症状の経過観察は、医師の元で月に一回は必ず行いましょう。

骨折の場合

整形外科の対応

骨折が判明した場合には、ギプスで固定し痛み止めの薬を処方します。
状況によっては、MRI検査を行う場合もあります。足の骨折の場合は、松葉杖の貸付があります。
初めて松葉杖をご使用される方へは、当院スタッフが使用方法についてご説明致します。

接骨院の対応

ギプスで固定を行えます。レントゲン撮影、MRI検査はできません。
骨折を早期改善するためのアドバイスや食事指導を受けられる場合がございます。

むち打ち症、打撲、捻挫の場合

整形外科の対応

打撲、捻挫の場合は冷却又温熱の対応を行い、湿布を処方します。
MRI検査や診察でむち打ち症かどうかを「診断」できます。
むち打ち症の場合は、専用の治療機器、コルセット貸付、リハビリ、柔整マッサージを行います。(診療所によって所持機器や設備は異なります)

接骨院の対応

むち打ち症かどうかを正式に「診断」することはできません。
柔整マッサージによる全身調整や、初期炎症を抑える機器の提供、冷却温熱の対応を受けることができます。
夜遅くまで開いている接骨院では、仕事帰りに受けられるという利点があります。

脳の損傷の場合

整形外科の対応

MRI検査を行います。(当院では、MRI撮影ができる専門機関へ依頼しての撮影となります。)
何らかの異常が認められた場合には専門機関へご紹介致します。

接骨院の対応

損傷があるかどうかを診断したり、治療することはできません。

交通事故治療の対応

あいごり整形外科での交通事故治療の対応

設備あいごり整形外科では、交通事故後の身体の検査、レントゲン撮影、診断書の発行を行えます。※MRI撮影が必要な方には、MRI撮影ができる専門機関へ依頼しての撮影となります。

また、診察結果から一人ひとりのお身体の状態に合わせてブロック注射、薬や湿布の処方、リハビリ(理学療法、柔整マッサージなど)の治療を提供します。
また、交通事故専門スタッフが在籍していますので、経験から様々なお悩みに対してのアドバイスを行えます。

当院は、接骨院との併院可能です。

接骨院当院では、患者様の意思を尊重した治療計画を行っております。
当院総力をあげてできうる限りの対応を行っておりますが、患者様にとってより良い機関があればご紹介したり、患者様の希望を尊重した形で治療を進めていきます。

お気軽に、貴方のご要望をお聞かせください。